2012年10月31日

タンゴでおどろう

アルゼンチンタンゴのレコードをたくさん入荷しました。
タンゴといえば鋭く激しいスタッカート!というイメージが強かったのですが、
聴き比べてみると、年代や演奏者によってずいぶん雰囲気が違います。
今回は、その中でも印象的なレコードをいくつかご紹介。

KC3Z0049.jpg
RCA栄光のアルゼンチンタンゴ・シリーズ第1期、2期いろいろ入荷!

・アストル・ピアソラ「ピアソラ・オン・ステージ」 RPL-2023
・フアン・ダリエンソ「ドン・オラシオ」 RMP-5056
・フリオ・アウマーダ「私の真実」 25MM 0418 Sold Out
・V.A.「ロコへのバラード〜われらのタンゴ」 RPL-2027

・カルロス・ディ・サルリ「たそがれのオルガニート」 RMP-5029
 20年代の古典曲を多く取り上げたディサルリ40年代の名演集。
 鋭いスタッカートと滑らかなレガートの繰り返しに感情を揺さぶられます。
 ロベルト・ルフィノ、アルベルト・ポデスタといった人気歌手の
 感傷的で美しい歌声もたっぷり堪能できる作品。
 
・センテナリオ楽団「独立・タンゴの創世紀」 RPM-5048 Sold Out
 タンゴの土台が固まってきたといわれる1910年代の曲を
 フルート、バイオリン、バンドネオン、ギターの四重奏で
 忠実に再現した作品なのだそうです。テーマも革命にまつわるものが多いですが、
 ヒールを床に突き刺さんばかりの激しさに圧倒される現代タンゴと違って
 軽やかなフルートやリズミカルなギターにわくわくする
 情熱的というよりハートウォーミングな演奏が気持ちいいですよ。おすすめ!
 *個人のイメージです

・バルナバス・フォン・ゲッツィ「碧空」 YZ-91
 大陸モノも1枚。戦前ドイツタンゴを代表する大人気楽団の名曲集です。
 社交界の甘く華麗なムードに時折顔を覗かせる哀愁の調べにうっとりします。
 ジプシー系の香りも漂う美しい作品。

ホセ・リベルテーラ「タンゴ・ミーツ・ジャパン」 EOS-60029 sold out!
 津軽海峡冬景色やらコモエスタ赤坂やら、演歌やムード歌謡を
 なぜか外国の音楽家に演奏させたがる昭和マインドから成る一枚。
 咽び泣くバンドネオンに違和感なし。熱いです。

タンゴの歴史や音の変遷に興味がある方におすすめな
「RCA栄光のアルゼンチンタンゴ・シリーズ」もたくさん入っていますよ!
いろいろ聴いてお好みの音色を見つけてください。B
posted by ’69 at 20:53| Comment(0) | 新入荷 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月29日

レコード&CD紹介その16


また少し時間が空いてしまいました…。
今回はCD紹介です!

面白いCDが入ってきましたので、新入荷紹介も込めて。

AdobePhotoshopExpress_20121029200721.jpg

どどーんと4枚ほど。
さて、早速紹介していきます。

まずは左上
Bobby Timmons - This Here Is Bobby Timmons
こちらは色々な名曲のカヴァーしたアルバムです。
その中にも面白いと思ったのが、彼が作曲した"moanin'"が収録されていることです。
聴いてみたらいろんな意味でビックリ。
アート・ブレイキーの時とサビが全く一緒(笑)
彼自身、結構気に入ったフレーズだったのかもしれませんね。
御陰さまで彼の音色というのがわかった気がします。
他にも"Lush Life" "Come Rain Or Come Shine"など名曲がぎっしり。


次に右上です。
The Bobby Timmons Trio - In Person
ありゃりゃ、今気づきましたがまたボビー・ティモンズです…。
被ってしまいましたね。やっちゃいました…。
こちらも押すのはアルバム初っ端の、カヴァー曲。"Autumn Leaves"
まだ少し暑いですが、カレンダー的には秋ですので。
こちらは聴いてて度肝を抜かれました。個人的には一番好きな"枯葉"かもしれません。
あぁ、こういう表現の仕方もあるのかと。
全体を通してみても良い出来だと思います。
聴きやすいですが、決してペラペラな音ではないです。


続いては左下
The ME'T'ERS - S'T'RU'TT'IN
全くもって読み辛いですね。
ミーターズのストラティンです。
内容も結構、手込んで作っている感じです。
というかアイディアを詰め込んだというか。
出来ることはやってやろうぜ、みたいな若者のノリですかね?
大好きです。そういうの。
インストと歌モノの割合も丁度よし。
聴いてて飽きさせない、あっという間の1枚です。


最後になってしまいました…。左下。
The DRAMATICS - VOLT
まず、初っ端の
"get up and get down" がもう日本語ラップ好きなら反応してしまうあの音。
そして来る縦ノリのこのリズム感!フロアがあれば騒いでるところですよ。
サンプリングネタも多数のこの人たち。
メロー系の曲も素晴らしいですし、レア・グルーヴファンにも納得させられる人たちかと。
そのまま聴く分にも色々なネタ的にも面白い1枚。
ソウル・ヴォーカル モノのかなりの良質盤です。


と、今回もこんな感じで。
あー、ボビー・ティモンズは間違ったっちゃったなぁ。
他のもの紹介するつもりが…。写真に写りこんじゃいました。良い意味で。

次回は紹介するつもりだった、もう一枚を是非。
それまで覚えているかな…、私…。
posted by ’69 at 20:55| Comment(0) | レコード&CD紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月17日

ラテンCDいろいろ

'69はじめての定休日明けの水曜日。
迷走する台風のおかげで生憎のお天気ですが
憂鬱をふっとばすサルサやしっとり浸れるボッサなど
ラテンCDをいくつか入荷していますのでぜひ。

KC3Z0041.jpg

・Banda Eva - Millenium (アシェ、MPB)Thanks,Sold Out!
・Celia Cruz - La Reina De Salsa (サルサ)
・Ivan Lins - Anjo de mim (MPB)
・Rikarena - ...Con To (バチャータ、メレンゲ)
・V.A. - The Story of Bossa Nova (ボサノヴァ)

・ビノミオ・デ・オロ - フィエスタ!
 コロンビア北部の陽気でエキサイティングなダンスミュージック
 バジェナートの大人気グループ。ディスコファンク風あり
 ザディコ風ありな楽しさ満点の1枚です。おすすめ!

・Markahuasi - Traditional and Contemporary Music of Andes
 世界を股にかけるアンデス音楽グループ。ケーナ、サンポーニャといった
 おなじみの笛やギターの親戚チャランゴ、柔らかな音色の太鼓ボンボの調べは
 異国の音なのに不思議と懐かしい。聴いてると優しい気持ちになる作品。

・Cantoria - North-East Brazilian Popular Songs Thanks,Sold Out!
 ブラジル北東部(ノルデスチ)のセルタオンと呼ばれる独特の文化圏に伝わる
 伝統的な音楽だそうです。ELOMAR、Gelardo Azevedo、Vital Fariaz、Xangaiの
 4名それぞれが切々と歌い上げるライブ盤。現在の流通盤とはジャケ違い。
 ボサやサンバ、フォホー等ともまた異なる、白く乾いた哀愁の歌という感じです。
 ほとんどギター1本弾き語りで、言葉はわからないけどぐっときますよ。

ラテンといっても色々だなと入荷の度に勉強になります。世界は広いですね。
中南米、ワールド音盤まだありますので、気になる方はぜひ聴いてみてください。B
posted by ’69 at 14:24| Comment(0) | 新入荷 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月15日

レコード&CD紹介その15


はい。今週からはこのタイトルでまた頑張らせて頂きます。

今回はjazz系ばっかりの偏向紹介からまた少しだけ違うヤツを…。
ということで

ROCKのレコード紹介です!
AdobePhotoshopExpress_20121015190243.jpg

いぇーい!

と言っても私自身rockが全然詳しくないので、
感想的なものになってしまうかもしれませんが、
微笑ましい目でみてくだされば…、と。

少し写真が見にくいと思いますが、
そこも目を瞑ってもらえればなぁ、と。
(画像補正はしたのですが…。)



では早速、紹介の方を始めたいと思います。

まずは写真左上の
artz camera - high land, hard rain
スコットランドのバンドらしいです。
兎に角爽やかな、というか暖かいギターが特徴的です。
ヴォーカルの声もなんだかんだでリラックスして歌ってるように聴こえるし。
気張らずに、だら〜〜っと出来ます。
インディー・ポップやネオ・アコなどとも呼ばれているようです。


次は右上。
BLACK SABBATH - SABOTAGE
初っぱなの
A1 hole in the sky
のギターリフから手を挙げたくなる衝動にかられます。
重苦しい感じのメロディが兎に角カッコイイ。
シューゲイザーというのかな?そんな印象を受けないこともないです。


続いては左下。
MAHAVISHNU ORCHESTRA - Visions of the Emerald Beyond
最近はジャズ・ファンクやレア・グルーヴファンからの再評価もあるようで。
聴いてみてビックリですね。これが、「ロック」かと。どつぼに嵌りました。
音を重ねたりとか超絶テクとかとか…。期待してしまうやろー!
期待以上の面白さだったわけですが。
ここにピアノやバイオリンが雰囲気にとけ込みながら存在するっていうのもビックリです。
全体的にガヤガヤしてるのに、スッキリまとまってる。
そういう音です。ジャズ・ロック。プログレ。恐るべし。
10/19 SOLD OUT!

最後になります。左下。
The Marshall Tucker Band - TOGETHER FOREVER
最後は明るいもの、ということで。
サザン・ロックの風を受けちゃって下さい。
夏ももう終わりですが、少し夏を振り返るつもりで聴いてもいいと思います。
小気味の良い軽やかサウンド。カラッと乾いた音。
力を抜いていて、それでいて渋くもあるおっさんバンド。
何処かにドライブに行きたい気持ちにさせてくれます。
10/25 SOLD OUT!

と、今回はこんな感じでしょうか。
やっぱりレコメンは難しいですね。これからも精進します。
沖縄はまた台風が来そうですが、台風の日は大音量で音楽が聴けますよ、音楽ファンの皆さん!
近所迷惑にならない程度で、ですが。

台風の日の暇対策にひとつ、DVDもいいですがレコードはいかがでしょうか?

posted by ’69 at 20:31| Comment(0) | レコード&CD紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月08日

重大発表!


こんにちは、’69です。
今回は重大な発表があります。

なんと、来週より
火曜日定休日になります…。
本当に急ではありますが、都合により急遽決まりました。
大変申し訳ありません。

何分、ご迷惑をおかけすると思いますが変わらぬご愛顧宜しくお願いします!

posted by ’69 at 19:23| Comment(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。