2012年10月29日

レコード&CD紹介その16


また少し時間が空いてしまいました…。
今回はCD紹介です!

面白いCDが入ってきましたので、新入荷紹介も込めて。

AdobePhotoshopExpress_20121029200721.jpg

どどーんと4枚ほど。
さて、早速紹介していきます。

まずは左上
Bobby Timmons - This Here Is Bobby Timmons
こちらは色々な名曲のカヴァーしたアルバムです。
その中にも面白いと思ったのが、彼が作曲した"moanin'"が収録されていることです。
聴いてみたらいろんな意味でビックリ。
アート・ブレイキーの時とサビが全く一緒(笑)
彼自身、結構気に入ったフレーズだったのかもしれませんね。
御陰さまで彼の音色というのがわかった気がします。
他にも"Lush Life" "Come Rain Or Come Shine"など名曲がぎっしり。


次に右上です。
The Bobby Timmons Trio - In Person
ありゃりゃ、今気づきましたがまたボビー・ティモンズです…。
被ってしまいましたね。やっちゃいました…。
こちらも押すのはアルバム初っ端の、カヴァー曲。"Autumn Leaves"
まだ少し暑いですが、カレンダー的には秋ですので。
こちらは聴いてて度肝を抜かれました。個人的には一番好きな"枯葉"かもしれません。
あぁ、こういう表現の仕方もあるのかと。
全体を通してみても良い出来だと思います。
聴きやすいですが、決してペラペラな音ではないです。


続いては左下
The ME'T'ERS - S'T'RU'TT'IN
全くもって読み辛いですね。
ミーターズのストラティンです。
内容も結構、手込んで作っている感じです。
というかアイディアを詰め込んだというか。
出来ることはやってやろうぜ、みたいな若者のノリですかね?
大好きです。そういうの。
インストと歌モノの割合も丁度よし。
聴いてて飽きさせない、あっという間の1枚です。


最後になってしまいました…。左下。
The DRAMATICS - VOLT
まず、初っ端の
"get up and get down" がもう日本語ラップ好きなら反応してしまうあの音。
そして来る縦ノリのこのリズム感!フロアがあれば騒いでるところですよ。
サンプリングネタも多数のこの人たち。
メロー系の曲も素晴らしいですし、レア・グルーヴファンにも納得させられる人たちかと。
そのまま聴く分にも色々なネタ的にも面白い1枚。
ソウル・ヴォーカル モノのかなりの良質盤です。


と、今回もこんな感じで。
あー、ボビー・ティモンズは間違ったっちゃったなぁ。
他のもの紹介するつもりが…。写真に写りこんじゃいました。良い意味で。

次回は紹介するつもりだった、もう一枚を是非。
それまで覚えているかな…、私…。
posted by ’69 at 20:55| Comment(0) | レコード&CD紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。