2013年04月25日

ありがとうございました!

レコードストアデイは終わっても
毎日レコードのことばかり考えてるみなさんこんにちは!
当日はたくさんのご来店ありがとうございましたー!!

今年初参加でしかも緊急参戦だったため
準備にあたふたしてご迷惑もおかけしましたが、
日本事務局スタッフさんのアツいリードのおかげで何とか開催にこぎつけました。
何よりお店に足を運んでくれたお客さんの楽しそうなDIG姿…
レコード好きに溢れる店内を見て、元気をもらえた気がします。

RSD限定盤も、少数ですが、入荷することができ
「まさか沖縄で買えるとは思わなかった!」
なんて喜びの声が聞けたのが嬉しかったです。
参加して本当によかったなー。

来年はインストアライブもやりたいとか
もっと多くのお店が参加したら面白いだろうなとか
早くも次回への夢ふくらませつつ。
スタッフは今日もレコードに針を落とすのでした。

説明付き.JPG
限定盤は店頭に各1枚ずつしかないので気になる方はお早めに!
posted by ’69 at 13:19| Comment(0) | レコード・ストア・デイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

レコードストアデイ限定盤リスト

RECORD STORE DAY JAPANリリースのレコードも少数ですが扱っています。

・RA RA RIOT 「BINARY MIND」BARK136 完売しました!
・8otto / Lostage「GENERATION888 / UFO」FLAKES-075 完売しました!
・Octet Sunaga t / TRI4TH「KIEYV(FUKUSHIMA)/TRY AHEAD」DM005
・FRYING DUTCHMAN「HUMAN ERROR」RF001 完売しました!
・BADUMES BAND / OKI MEETS MISAKO OSHIRO
 「Minjar / Ketew / RankuBushi / MinamitoKita」KOKO025
完売しました!
・後藤正文「The Long Goodbye」ODEP-003 完売しました!

在庫は各1枚、こちらのレコードは店頭販売のみ。
通販はできませんのでご了承ください。
どうぞコザ散策がてらレコード探しにお越しくださいませ。

http://www.recordstoreday.jp/
posted by ’69 at 13:16| Comment(0) | レコード・ストア・デイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月10日

SALE!RECORD STORE DAY 2013

来る4月20日はレコード・ストア・デイ。
昨年までは準備が間に合わなかったのですが、
今年は日頃の感謝を込めて特大セールをやってみようと思います!

almost all 30%off!

2013年4月20日(土)
委託CD、レコ袋などの備品を除く全商品30%オフ
*セール期間中はスタンプカードのサービスをお休みさせて頂きます。ご了承ください。
*1500円以上のお買い上げで近隣駐車場の1時間無料券お渡しします。

お買い得盤もレア盤もたくさん入荷してお待ちしてます。
この日はぜひ皆様お誘い合わせのうえ
県内のレコード店を掘り起こしちゃってくださいな!

*レコードストアデイとは?
「レコードショップとアーティストが一体となって近所のレコードショップに行き、
 CDやアナログレコードを手にする面白さや音楽の楽しさを共有する、
 年に一度の祭典です。」
http://www.recordstoreday.jp/
posted by ’69 at 13:22| Comment(0) | レコード・ストア・デイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月03日

春のクラシックまつり

ただいまブラックミュージック絶賛入荷中ですが
最近はクラシックのレコードもたくさん入っております。
状態の良い盤が一気に入ってくるのは珍しいので、お探しの方はお早めに!

KC3Z0236.jpg

パブロ・カザルス「モーツァルト:交響曲第40番&41番ジュピター」23AC 558
マールボロ音楽祭管弦楽団
モーツァルトの華麗なイメージが覆される、生命力みなぎる演奏です。
クラシックってこんなに熱いのねと思わされること間違いなしの1枚。
ニュー・ベスト・クラシック150選

マルタ・アルゲリッチ「ショパン:ピアノ協奏曲第1番、リスト:ピアノ協奏曲第1番」
クラウディオ・アバド指揮ロンドン交響楽団
とにかくよく回るアルゲリッチの指からほとばしる高音に目が眩む…。
白熱しつつも、しっかり支えるアバドLSOとの豪演。最高!

ウィルヘルム・バックハウス「ブラームス:ピアノ協奏曲第2番」K15C-5034
カール・シューリヒト指揮ウィーン・フィルハーモニー
52年モノラル録音。がっしりとたくましいピアノと温かみのある弦楽器
派手ではないけれど、じわりじわりと熱気を帯びていく展開からは耳が離せません。
ロンドン不滅の名盤1500

グレン・グールド「バッハ:ゴールドベルク変奏曲」SOCL 1025
55年録音のグールドさん処女作にして代表作!!

ジャン=フランソワ・パイヤール「アルビノーニのアダージョ」ERX-2027 4/29売切!
ドアーズ、ルネッサンスやイングウェイ・マルムスティーンのようなロック勢から
DJティエストまで多彩なジャンルで引用されるバロック・クラシック(?)
バッハ「G線上のアリア」やヘンデル「ホーン・パイプ」など
有名な曲がいっぱい入ってるのも嬉しいですね。

マリー=クレール・アラン「壮絶のオルガン!ヴィドール:ゴシック交響曲」ERX-4018
今年2月に亡くなったフランスのオルガン奏者。
現代最高と讃えられた曇りのない演奏を名門エラートの録音で。
残念ながらノイズが気になりますのでご試聴ください。

ヨゼフ・シゲティ「バッハ:無伴奏ヴァイオリン・ソナタ全集(3)」MX 9033 4/20売切!
弓と弦がぶつかり轟々とうなるような、魂をふるわせる響き。
永遠の名盤1000シリーズ

他にもリヒテルやフルニエ、カラヤン、フルトヴェングラー、
竹笛とチェンバロのバロック音楽など変わり種も入荷しています!!
posted by ’69 at 20:29| Comment(0) | 新入荷 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月01日

ジャズ、ファンク、ソウル、黒いグルーヴ

こんにちは。久しぶりの更新になってしまいました…。
今回はジャズ、ファンク、ソウルなどのブラック・パワー感じるレコードの
大量入荷のお知らせです。
写真はその中から厳選した6枚です。

39.jpg

少々見にくいですが、ご勘弁くださいませ…。
簡単に盤紹介です。

・V.A. - RARE 4
・V.A. - Dancefloor Jazz
こちらの2枚はコンピレーションになっていて、
上がファンク・ソウル系、下がジャズ系です。
どちらもレア・グルーヴを意識したようなコンピで、
for DJ用といった内容ですが、普通に聴いてもカッコイイです。
名曲もぎっしり!


・J.B.'s - Doing It To Death
こちらはファンクの大定番作品ですね!
流石J.B.のバックバンド。抜かりはありません。
ファンクが好きなら聴いておかなきゃいけない1枚です。


・Janko Nilovic - Soul Impressions
ユーゴスラビア出身のフレンチ・ライブラリー系巨匠、
ヤンコ・ニロヴィックの代表作です。
こちらも是非お耳にかかりたいところです。
ただ黒いだけじゃない、というのがミソですかね?
聴いていて心地よいサウンド。


・Curtis Mayfield - curtis
自分の名を冠したソロ・デビュー作です。
名作と言われてますが、キチンとこの盤を聴いている方は意外と少ないのでしょうか?
聴いていないのなら人生損してますよ(笑
名盤と言われるものには理由がありますから。


・Jimmy Castor Bunch - Maximum Stimulation
こちらも彼の作品の中ではあまり人気がないようです…。
やっぱり、It's Just Begun や Phase Two の方が人気なんですかね…。
ですが、こちらもなかなか良作で、
ただ聴くだけでも楽しめますし、
DJプレイやサンプリングにも持ってこいの万能盤です!


この他にもジャズの名盤など色々入荷しています。
個人的にはDJさんが喜びそうな内容ですが、
それ以外の方でも楽しめる盤ばっかりなので、
黒い音楽ファンは是非1度見に来てください!


posted by ’69 at 20:10| Comment(0) | 新入荷 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。