2012年08月15日

8/15 新入荷邦楽LP

残暑お見舞い申し上げます。
炎暑が続き秋が待ち遠しい毎日ですが、お元気でいらっしゃいますか。

今回は夏バテも和らぎそうな爽やかレコード多数入ってきております。
夏休みであちこち飛び回って忙しい方も仕事の方も学生さんも
一休みついでに、ぜひ覗いていってくださいな。

KC3Z0013.jpg

上田知華+KARYOBIN「上田知華+KARYOBIN(4)」
ピアノVo.+ストリングス五人組。クラシックの香り漂う上質ポップ。

サーカス「ワンダフル・ミュージック」
ぴったり息の合ったコーラスがとっても美しい。夏のドライブデートにどうぞ!

ソープ「ハーモトピア」 2013 9/7 SOLD OUT!
清涼感あふれる男女コーラスグループの唯一作。歌詞が80年代最先端な感じです。
鈴木茂がゲスト参加。「銀座トランスファー」収録。

ティナ「ロング・ディスタンス」 9/15 SOLD OUT!
ex.brownrice パワフルかつエレガントなコーラスが素晴らしい日米デュオ。
メロウサンバな「New Port Bay」収録のデビュー作。

松任谷由実「紅雀」 9/15 SOLD OUT!
松任谷ユーミン初アルバム。フォルクローレ、ボッサベースの落ち着いた雰囲気。
歌詞入りインナースリーブが破れています…。

まだまだ暑さは続きますが、どうぞ楽しい夏をお過ごしくださいませ。
posted by ’69 at 12:32| Comment(0) | 新入荷 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月02日

8/2 新入荷7インチ(8/10 追記)

2012/8/10 「おじさんサンバ」「血液ガッタガタ」「ネオンドドイツ」
「けい子のマンボ」「ナオミの夢」「ヒゲのテーマ」売り切れました。
ありがとうございました!


本日はちょっと変わった歌謡曲をご紹介。
一度ハマったら抜け出せない魅惑のドーナッツ盤の世界へようこそ〜。

KC3Z0323.jpg

吉幾三「おじさんサンバ」
ホイッスルにマラカス、ラテンパーカッション乱れ打ち@ねぶた祭り。
ハードロック調の泣きギターもガンガン入ってきますが歌詞が一番やばいです。

バラクーダー「演歌・血液ガッタガタ」
ABO式血液型の特徴といわれるものを茶化したコミックソング。
ギターがちょっとだけかっこいい演歌謡。ピンクの電話Verもあるもよう。

たかしまあきひこ&エレクトリックシェーバー「ヒゲのテーマ」
国民的コントのあの曲つくったのは志村けんだったのですね〜。
ウラのいい湯だな(カラオケ)も南国風味ですてき。

松平直樹とブルーロマン「ネオンドドイツ」
吉田博子とのネオン街デュエット。七七七五のドドイツのリズムが面白いです。

殿さまキングス「けい子のマンボ」
歌詞は完全に演歌ですがマンボ。
やけくそなホーンと取って付けたような掛け声が珍妙な味わい。

ザ・ぼんち「恋のぼんちシート」
やたらかっこいいと思ったら演奏がムーンライダース!納得!

ビクターオーケストラ、松嶋孝「七人の刑事」
刑事ドラマのテーマらしい哀愁のメロディに低音スキャットが渋すぎる一曲。
78年Verと61年オリジナルVerが吹き込まれてます。

変わり種だけじゃなく定番から隠れた名曲まで
7インチまだまだ沢山ありますので、ぜひ試聴してみてくださいませ。(B)
posted by ’69 at 12:34| Comment(0) | 新入荷 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月30日

7/30 新入荷 (jazz・club物 編)


お待たせしました。
長い間更新が滞っていましたが、
パソコンの復旧によってやっとブログも再会できます。

さて、今回は盤紹介と言うより、
新入荷のお知らせです。

AdobePhotoshopExpress_20120730172902.jpg

今回はjazz・club編ということで、
DJさんが喜びそうなjazzなどを中心に紹介します。
上の段、左からの紹介です。

v.a. - CATALYST for Cafe Apres-midi
大人なジャズ、という感じです。
夜に聴くより、昼下がりに聴くような感じのもの。

v.a. - BLUE NOTE for Apres-midi Grand Cru
こちらも同じくApres-midiシリーズより。
タイトルを見てわかるように、BLUE NOTEの普通のコンピのような感じですが、
収録されている曲をみるとなかなか出てこないようなものばかり…。
カフェを念頭に置いた通が喜びそうな選曲です。

v.a. - MPS for Cafe Apres-midi
こちらも上二つと同シリーズ。
こちらは私がこのシリーズの中でも結構気に入っているもので、
ドイツの名門ジャズ・レーベルのコンピ。
ボサノヴァからスピリチュアルな感じのものまで楽しめる作品です。

このシリーズは集めて損はないですね。
モダンジャズが好きな人であれば、是非一度は聴いてください!

Dj Drez & Marty Williams - Moon Bay Sessions
DJとジャズ・ピアニストが共作で作ったもの。
どちらかといえば、hip-hopファンに好まれそうなものですが、
ピアノも聞き応えは十分です。

sleep walker - the voyage
クラブ・ジャズ好きにファンが多いsleep walker。
かく言う私もファンなのですが、今回は彼らだけじゃなく、
ファラオ サンダースも参加している、というだけで一度は聴きたくなるでしょう?

峰 厚介 - 峰 mine
和ジャズの名盤に挙げられることもある1枚。
独特な不思議な世界観に魅了されます。

SABMARINE - MARINE STADIUM
沖縄発のラップグループ。
個人的には沖縄で一番好きなラップグループです。
オススメは #3 フロム彼方 。いい曲です。

Gary Bartz - Music Is My Sanctuary
冒頭一発目から最高のメロディです。
ゆっくりしたい暑い日のお供にどうですか?


と、こんな感じでまたぼちぼちやっていきたいです。
暖かい目で見守ってくだされば、と思います。

ジャズのCDはここでは紹介出来なかったものも多いので、
是非一度、お店でチェックしてみて下さい!
お探しものがみつかるかもしれません。

それではまた!   -atom-
posted by ’69 at 18:39| Comment(0) | 新入荷 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月17日

too tough to die!

2012.4.22 売り切れました!ありがとうございましたー!!

ラモーンズ、そしてパンクロックを愛するすべての人に!
ジョニーに捧げた、一夜限りの伝説のトリビュート・ライヴ!!(帯より)

KC3Z0232.jpg

「トゥー・タフ・トゥー・ダイ A Tribute to Johnny Ramone」
DVD2枚組 初回完全限定生産 KIBF-9531~2 盤A 3500円

2004年9月12日にハリウッド・アヴァロン・シアターで開催された
ラモーンズ結成30周年イベントの模様を収めた
ライヴ&ドキュメンタリーDVDを入荷しました。

X、レッド・ホット・チリ・ペッパーズ、ディッキーズ、ロブゾンビ、
トミー・ラモーン、マーキー・ラモーン、CJ ラモーン、
ティム・アームストロング(ランシド)、エディ・ヴェダー(パールジャム)
ブレット・ガーヴィッツ(バッドレリジョン)ほか
そうそうたるバンドが集い、ラモーンズカバーを披露。
ステージもファンも一丸となって
このとき闘病中だったジョニーを励ましています。

ご覧の通り、ものすごい面々によるライブですから
たくさんの方がすでに観ていると思うのですが
これは初回限定のスペシャルエディション。
完全限定生産の2枚組仕様なのです。

特典DVDには
ジョン、アンソニー、リサ・マリー・プレスリーらの
本編未収録ロングインタビューと
スティーヴ・ジョーンズ、ヘンリー・ロリンズほか
出演のLAワールドプレミアの様子が収録されています。

出演者の皆さんだって大御所で
いい年したおっさんやおねーさんなわけですが
このステージに立てることが本当に嬉しくて誇らしくてたまらない
という気迫みなぎる演奏に観てる側も大興奮。

KC3Z0233.jpg
上記ディスクのほかにも大型ポスター2枚、解説書のほか
ピクチャーレコード型DVD収納トレイが付いています。
このトレイ、しっかりカッティングも施されてますが音は出ませんのでご注意。
部屋に飾ったり眺めたりしましょう。

ラモーンズのレコード、CD買取も大歓迎いたします。
手放さないでほしい気持ちもありますがもしもの時はご相談ください!(B)
posted by ’69 at 18:35| Comment(0) | 新入荷 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月10日

アニマルジャケ特集

こちらの商品は売り切れました。多謝!

4月もあっというまに3分の1が過ぎてしまいましたが
今月の壁面を飾ってくれてるレコードはこちら!

KC3Z0229.jpg

イヌやネコが多いかな〜と思いきや
ウマ、ロバ、ウシ、ブタ、ラクダなど色んな動物が出てきました。

中でもいちおしは ROBERTO AVILA & CACHOEIRAS です。
ド迫力ヘビジャケ!

KC3Z0230.jpg
ROBERTO AVILA & CACHOEIRAS - COME TO BRASIL

スイスのブラジリアン・フュージョン・バンドのようです。
ハイテンションのパーカッション飛び交う曲もあれば
哀愁を孕んだジャズボッサもあり、
弾力性ばつぐんのベースにピアノとフルートが絡んだり
男女の陽気なスキャットが入ったりしてとっても楽しい!

全体的に陽気だけど涼やかで聴きやすいです。
これ一枚で心はすっかりトロピカルビーチ。

Baja Marimba Band , Edmundo Ros など
ラテンコーナーにも面白いレコードいっぱいありますよ。
どうぞどうぞ試聴してみてくださいませ。(B)
posted by ’69 at 12:46| Comment(0) | 新入荷 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。